カテゴリ:未分類( 3 )


2009年 04月 20日

つづいてしわについて

気になるのは「しみ」だけではありせんよね。

そうです!『しわ』も女性にとってとっても気になりますよね。
年をとれば仕方がないのですが
それでもできたら無いほうがいいし、少ないほうがいいですよね。

『しわ』とはそもそもどうやってできるのでしょう。

加齢により肌から水分やコラーゲンが減り、肌のたるみ
皮膚がおれた状態で元に戻らなくなり恒常的になったものだそうです。

一言に『しわ』と言っても種類あるようです。
○表皮性のしわ・・・新陳代謝の低下と角質層の水分の減少でおこる浅いしわ・小じわ
○真皮性のしわ・・・真皮の中のはりを保つコラーゲンや酸性ムコ多糖質の減少で弾力がなくなった深いしわ

では、『しわ』をつくらないよにするにはどうしたらいいのでしょう
まずは、乾燥は大敵です。
肌に水分を補給しましょう。
特に冷暖房の部屋などにいるときは充分に気をつけましょう。

そして睡眠
新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されるのは睡眠しているときだけだそうです。
特に午後10時~午前2時の時間帯が一番多く分泌されるそうです。
また、睡眠時間はできたら6時間以上がいいようです。

づづいて食事
バランスのよい食事が大事です。
暴飲暴食・油分の取りすぎは禁物です。
ビタミンC・E・B群・Aを意識して摂りましょう。

しみ同様『しわ』も日常の食事がとても大事なようです。

美肌・健康のため栄養バランスを考えた食事をしていきましょう。

アスタリフト トライアルセット
オイシックス
[PR]

by kobedate | 2009-04-20 11:21
2009年 04月 20日

これからの季節 しみ防止

紫外線が気になる季節になりました。

紫外線による『しみ』が気になります。
化粧品で『しみ』対策・防止もできますが、できたら食事から摂って『しみ』の対策・防止
をしていきたいですね。

まず『しみ』に効果のある栄養素はビタミンCとビタミンEです。

○ビタミンC
ビタミンCは紫外線の強い春・夏は1日に1000mgが必要だそうです。
単体で摂るより食物繊維と合わせて摂ると2.5倍の吸収がよりアップするそうです。

ビタミンCというと思い浮かぶのがレモン・アセロラなどがありますが
食物繊維を合わせもった食材があるんです。
それは「ブロッコリー」です。
ブロッコリーは抗酸化成分が含まれており、ダメージを防ぎます。

食べ方は湯がくのではなく、電子レンジがよいそうです。

食べる時間帯は、ビタミンCは体内で働く時間が2~3時間で
それ以上たつと体の外に出て行くそうです。
だから、毎食ブロッコリーを食べると効果アップするそうです。

簡単にサプリメントで「ブロッコリースプラウト」を飲めばと思いがちですが
やはり食事のほうが効果があるようです。
毎食は無理でも、意識して1日1回摂るようにするだけでも
違うかもしれませんね。

○ビタミンE
若返りのビタミンと呼ばれて、血行をよくし新陳代謝を高めしみや冷え症を予防
また、女性ホルモンの分泌を促し生殖機能を正常にする効果があるそうです。
まさに女性には必要なビタミンですね。

このビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると効果がアップするそうです。

ビタミンEの食材は、かぼちゃ・アボガド・キウイ・うなぎ・たらこ・アジ・アーモンド・ピーナッツ植物油
ゴマがあるそうです。
これらの食材と先ほどのブロッコリーを合わせた食事を摂れば
『しみ』対策・予防は完璧かもしれませんね。

日常生活でちょと意識して食事をしてみませんか?
美肌の道には日々の意識と努力は必要みたいですね。

男性 スキンケア
[PR]

by kobedate | 2009-04-20 10:50
2009年 04月 17日

これから気になる紫外線

やっと温かく過ごしやすくなってきした。
天気のいい日は、おひさまの光がまぶしいほどです。

こんな日は『紫外線』がきになりますよね。
肌がきになりますよね。

『しみ』の原因は7割が紫外線だそうです。

昔は日光浴は大事といわれてましたが、最近は紫外線による皮膚がんが増えているので
外気浴(戸外の空気に触れる)で充分と考えられているようです。

『紫外線』は夏だけではなく、冬の曇り、雨の日も降り注いでいます。
一年中『紫外線』対策をしないといけなんです。

『しみ』はすぐできるのではないく、長年かけて少しずつ濃くなるそうです。
根気よくケアすると少しずつ薄くなるそうです。
毎日のケアが大切なようです。
まずは、『しみ』の原因の『紫外線』から肌を守らなくてはいけないですね。

①日焼け止めで対策
日焼け止めによくSPFと表示がありますよね。
SPF1で約20分肌を『紫外線』から守ってくれるそうです。
つまりSPF10なら200分という計算になります。
SPFの数値が高いものほど効果も高いですが、肌への負担も大きいようです。
通常はSPF20~25で充分だそうです。

②水分補給
乾燥した肌は『紫外線』の影響を受けやすく、しみ・しわができやすくなるそうです。
また、乾燥は化粧品の栄養を吸収する力も弱くなるそうです。
肌のトラブル(アトピーやニキビ、吹き出物)も招きやすくなります。
キレイな肌になるためには、体内への水分補給をしっかりしないといけないそうです。

特に、年を重ねると体内水分がどんどん減っていくので意識して補給することが重要。
1日に1.5~2ℓの水が必要です。

1日よく考えてみると水分ってなかなか取らないですよね
のどが渇かないと水分とらないですよね。
肌にも体にも必要なものだから意識して摂っていきましょう。
いつまでもキレイなはだでいるために!

アスタリフト トライアルセット
[PR]

by kobedate | 2009-04-17 12:37